私の体の悩みは汗のニオイ!

汗腺に関する体の悩み

体の悩みとして挙げられる事が多いものの一つに汗に関するものがあります。代表が多汗症とワキガです。混同される事も多いこの二つですが、別の症状と言えます。人間の汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の二種類があります。エクリン汗腺は体温調節の為に体が暑いと感じた時や運動した時の汗を出しています。水分が90%の為、さらっとした水のような汗で無味無臭です。エクリン汗腺から出る汗が関与しているのが多汗症です。多汗症はその名の通り汗が大量に出てしまう症状の事です。実は厚生労働省にも認められたれっきとした病気なのです。原因は緊張など交感神経の高ぶりや太っている事だったりします。甲状腺機能亢進症など病気が原因の場合もあります。アポクリン汗腺は脇の下や外耳道など特定の場所にある汗腺で大きさはエクリン汗腺の10倍もあります。ここから汗が出る際にはタンパク質や脂質、アンモニアといった成分も伴って分泌される為、ネバっとした白っぽい汗となります。この汗は分泌されたては無臭なのですが、時間が経過すると脂肪酸など汗に含まれる成分が細菌に分解される事で強い匂いを発生します。これがワキガの原因なのです。ちなみにこの汗は放っておくことにより匂いを発生するだけではなく、衣服に付着した場合黄色いシミも作ったりします。汗の種類からして違うこれら二つの症状ですが、アポクリン汗腺から分泌される汗も含めて多汗症とされている事もあります。いずれにしても日常生活において支障が出るほどであれば治療も視野にいれる事をお勧めします。

お勧め情報

Copyright (C)2017私の体の悩みは汗のニオイ!.All rights reserved.